手術のリスク一切なし、いいだ整骨院ではアキレス腱断裂は歩きながら治せます
院長の徒然日記
  • HOME »
  • 院長の徒然日記 »
  • 院長の徒然日記

院長の徒然日記

肉離れを合併している?症例

今回は、静岡県からお越しの患者さんです。肉離れを合併の可能性があった今までにない特殊な症例です。実際の様子を御覧ください。

アキレス腱断裂はむくみとの闘い(埼玉県からお越しの患者さん)

今回は改めてアキレス腱断裂は「むくみ」との戦いであると感じた症例です。効果的な方法もご紹介しております。

知人が歩行療法を行っていたのを知っていて歩行療法を選択

今回は手術を進められたが、知人が歩行治療を行っていたのを知っていて歩行治療を選択した患者さんの症例になります。その結果すぐ当院に来ようと考えられたようです。

アキレス腱断裂を手術したが癒合しなかった症例

今回の症例はご高齢の男性。アキレス腱断裂後、手術を行いましたが癒合しなかった例になります。手術後でも歩行治療に移行する場合は良い経過が得られるが、今回は少し違う状況になります。

アキレス腱断裂を手術しないで歩いて治すと治療

アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す治療(歩行療法)の考え方を今一度まとめてみました。ポイントは3つ是非ご確認下さい。

飯田整骨院 原幸夫

特に少ない10代のアキレス腱断裂症例(その後)

今回は前回ご紹介した16歳の患者さんのその後の様子についてになります。まだ歩行には恐怖心が感じられますが、経過は良好と考えます。

特に少ない10代のアキレス腱断裂症例

今回は、16歳と若い方の左アキレス腱断裂の症例になります。ご存知でしょうか?アキレス腱断裂は30代から50代に多く発生し10代20代の発生は少く特に10代のアキレス腱断裂は特に少ない。そんな珍しい症例になります。

16歳左アキレス腱断裂の状態

宮城県から来院、ギブス固定後に歩行治療へ変更

今回は、宮城県からお越しいただきました、患者さんの症例になります。2週間以上ギブス固定された後に歩行治療へ変更しました。早期に歩行治療へ変更したほうがいいと改めて感じた症例です。

左アキレス腱断裂を10日間見逃していた症例

今回は、H27年6月に来院した患者さんの経過になります。アキレス腱断裂を10日間見逃していたという珍しいケースになります。このような珍しいケースであっても当院では格段に短期の固定になります。

左アキレス腱、断裂・病的断裂?放置例?当院初症例

今回は、群馬県からお越しの患者さんになります。初診は横浜で行いました。今回の症例は、私が初めて経験する部分断裂の症例になります。

1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © いいだ整骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.