手術のリスク一切なし、いいだ整骨院ではアキレス腱断裂は歩きながら治せます
院長の徒然日記
  • HOME »
  • 院長の徒然日記 »
  • 院長の徒然日記

院長の徒然日記

バトミントン選手左アキレス腱断裂(静岡県)

今回はバトミントン中に負傷した症例です。28年11月13日負傷 当日整形外科で簡易固定14日電話でお問い合わせ15日まで旅行に出ていたので16日に来ていただく様にお願いした。その時に尖足位(バレリーナのような足の位置)の固定を除去していただくことと 足を着いて歩くこと(がに股でアキレス腱が引っ張られないようにして)をお願いした。

他院でギプス固定、20日間足をついていなかった症例(岡山県から来院)

今回は遠くはるばる岡山県からお越しの患者さんの症例です。症例内容は、右アキレス腱断裂後他院で固定し20日間地に足をついていないという症例です。

左アキレス腱断裂、通常より上部断裂の症例(2)

11月15日名古屋近郊の患者さんのご自宅で固定の巻き替えをしました。5日前に踵に違和感があるということでお電話がありました。ご自分で固定をいったん外していただいて踵の部分を見て頂いたのですが異常はないとのことでした。

左アキレス腱断裂、通常より上部断裂の症例

長野県飯田市でアキレス腱断裂保存治療、 アキレス腱断裂歩行治療を行っている、 「パンダ先生」こと、いいだ整骨院の原です。 今回は、名古屋からお越しの患者さんになります。 左アキレス腱断裂なのですが、通常より上部の 断裂症 …

22歳男性、手術後再断裂した症例

今回は、右アキレス腱断裂した、東京都の22歳男性になります。治療も当院ではなく東京で行いました。今回の様に手術後からの再断裂には3つの原因が考えられます。

アキレス腱断裂手術後でも、早急に歩行治療に!(2)

前回ご来院頂きました、兵庫県からお越しの患者さんの後日経過になります。この症例は手術をしたこと、再断裂をしたことでアキレス腱は太い状態になっている。むくみが改善すると今よりは細くなります。アキレス腱断裂は歩行することで早期に癒合し後遺症を防ぐ治療法です。

アキレス腱断裂手術後でも、早急に歩行治療に!(1)

今回は兵庫県からお越しの患者さんです。手術後、再断裂してしまい当院にお越しいただきました。手術後であっても早急に歩行治療に変更しました。経過は良好。初めから手術しないで歩行療法を行っていれば4週間で固定除去、その後1週ほどで正常歩行、固定除去後2か月で軽いスポーツ開始となった。

アキレス腱断裂でお困りのすべての方へ

アキレス腱断裂を手術しないで最初から歩きながら治す治療をしています。そればかりでなくアキレス腱を元の細い状態に形作るようにします。むくみを予防して後々静脈瘤で悩まれるのを防ぐようにします。この治療法を「保存再整形圧迫歩行療法」といいます。

2週間放置してあった右アキレス腱断裂

神奈川県からお越しの患者さんです。負傷時、アキレス腱部に痛みが有ったがアキレス腱断裂を疑わず、放置。アキレス腱周囲にも出血斑が出たがそれでもアキレス腱断裂を疑わなかった。足の動きが悪いので23日になって整形外科を受診した。病院での処置は受けずに神奈川から車を運転してこられ、歩いて当院玄関を入って来られた。

大阪から来院30代女性 (尖足位=バレリーナ肢位)で固定されていた方

1週間、尖足位固定(バレリーナのような足先を伸ばした固定)だったのと、松葉杖歩行で足を着いていなかったので、歩行開始で痛みを訴えられたり、歩けないのではと心配したがスグに安定した歩行になり、階段の昇降も簡単に行えた。

« 1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © いいだ整骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.