長野県飯田市で猫背治療を行っている、
「パンダ先生」こと、いいだ整骨院の原です。

今回は、60歳代女性の症例をご紹介致します。
しかしいつもと違い歩行治療を断念したケースになります。

来院までの経緯

靴下を履こうとした際に断裂

治療の様子

特別な原因がなくアキレス腱が断裂している。
患者さん曰く「靴下をはこうとしてピキッとした時かな」
アキレス腱炎で数回のステロイド注射をしている。
このような場合は保存用法ではアキレス腱が癒合しない可能性が高いので

手術をすすめた。右のふくらはぎのむくみが強く、硬い。

皮下出血斑がアキレス腱断裂部より上方にあるが
おれはふくらはぎの肉離れのため。

アキレス腱部は踵骨から2,5横指ほどの陥凹が認められる。
断裂部がこれほど下方の例は初めてである。
踵骨のアキレス腱付着部に骨棘がある(X-Pで確認)

今回の様なケースも存在いたします。
しかしいいだ整骨院では、こういった情報も隠さず
配信していきます。

Youtubeにて最新動画をアップしました!

■「アキレス腱断裂歩行治療レポート動画」を配信中

まだ不安という方はぜひご覧ください

■「アキレス腱断裂歩行治療を受けた患者様の声」を掲載中

アキレス腱断裂・再断裂でお困りの方

アキレス腱断裂でお困りの方、
周囲に困っている方がいらっしゃいましたら
まずお電話下さい。

若い方からお年寄りのかたまでお気軽にご相談下さい。

■当院へのご連絡

電話番号:0265-25-1008

※スマートフォンの方は、上記の番号をタッチでお電話いただけます


■休診時のアキレス腱断裂の方のご連絡

携帯番号:090-1693-1175

※スマートフォンの方は、上記の番号をタッチでお電話いただけます

※お電話でお問い合わせの方は
「HPを見た」とお伝え下さい