長野県飯田市でアキレス腱断裂保存治療、
アキレス腱断裂歩行治療を行っている、
「パンダ先生」こと、いいだ整骨院の原です。

今回は、去年12月にアメリカ、ロサンゼルスから
来院していただきました患者さんの様子を
12月まで遡って投稿したいと思います。


12月15日剣道をしていて左アキレス腱断裂
緊急医(ER)でギプス固定。

16日にネットで当院を検索し、電話連絡
来院してもらうために固定を除去してがに股で歩いてもらうようお願いした。
「尖足位(=バレリーナのような足を下げた位置)で固定をしてあると歩行療法移行に問題が生ずるため」

22日東京着、その足で飯田に
午後11時と遅かったことと、
長時間のフライト、バスで足のむくみが強いと考え、
翌日に治療することにた。

23日歩行療法用固定を行い歩行開始

25日にロスアンぜルスに帰る予定


固定して、履いてこられた装具のブーツ部分を取り装着。
帰りの機内の対応もこれだといいかもしれないから。

装具の底が丸みを帯びていて歩行療法には不向き、
また、重いこともあり
帰宅したら大きなサンダルに変えてもらう予定。

固定直後階段を歩行する様子(動画)

その後、

29年1月30日 固定直後直後の写真をメールで送って頂きました
ロス在住で再び来ていただくことが困難なのでご自分で固定を外して頂きました。
今まで遠方で再来院が難しい方で、
ご自分で固定除去をしていただいた方が2名います(中国在住の方)。

来院して固定除去する場合は4週間ですが、
ご自分で外す場合ですので、6週間で固定除去することにしました。

線の所が断裂したぶぶんです。きれいに着いています。
アキレス腱が太くなっているように見えますが、むくみによるもので、
むくみが改善するともっと細くなると思います。

固定除去から2か月間はアキレス腱に引っ張り感の無い状態で生活していただき、
2か月後から軽い運動を始めます。

今回ロサンゼルスから来院頂きました患者さんで
H28年のアキレス腱断裂歩行治療30件目になります。
毎年着実に増えております、これからも事実に基づき
情報発信をしていきたいと思います。

アキレス腱断裂・再断裂でお困りの方

アキレス腱断裂でお困りの方、
周囲に困っている方がいらっしゃいましたら
まずお電話下さい。断裂後直ぐに当院での治療をおすすめ致します。

■当院へのご連絡

電話番号:0265-25-1008

※スマートフォンの方は、上記の番号をタッチでお電話いただけます


■休診時のアキレス腱断裂の方のご連絡

携帯番号:090-1093-1175

※スマートフォンの方は、上記の番号をタッチでお電話いただけます

※お電話でお問い合わせの方は
「HPを見た」「アキレス腱断裂」とお伝え下さい

いいだ整骨院のホームページでは、アキレス腱断裂の患者様が
少しでも参考になる情報を配信しております。
まだ覚悟か決まらない方は判断材料にどうぞ御覧ください。

■Youtubeで「アキレス腱断裂歩行治療レポート動画」を配信中

■「アキレス腱断裂歩行治療を受けた患者様の声」を掲載中