長野県飯田市でアキレス腱断裂保存治療、
アキレス腱断裂歩行治療を行っている、
「パンダ先生」こと、いいだ整骨院の原です。

今回はバトミントン中に負傷した症例です。

28年11月13日負傷 当日整形外科で簡易固定
14日電話でお問い合わせ
15日まで旅行に出ていたので16日に来ていただく様にお願いした。
その時に尖足位(バレリーナのような足の位置)の固定を除去していただくことと
足を着いて歩くこと(がに股でアキレス腱が引っ張られないようにして)をお願いした。
(これは尖足位固定が長いと歩行療法に移る時になかなか歩行できないので)

しかし、
私の意図がはっきり伝わっていなかったので、
松部杖を着いて足を上げて来院された。
固定後の歩行のスムーズな移行が出来ず、
アキレス腱部の痛みを時に訴えられたのはそのせいだろうと思う。

むくみを出さないようにする、足に荷重をかけることが大切。

断裂位置は通常より高い

20161116_2165806

荷重練習

20161116_2165808

固定直後の歩行の状態(怖がって歩いてます)

歩行用固定に変更し歩行開始。階段歩行もOK。
4週間後に固定除去予定。3か月後から軽いスポーツ開始。

■Youtubeで「アキレス腱断裂歩行治療レポート動画」を配信中!!
【チャンネル登録をお願いします】

アキレス腱に負荷をかけない運動をすべてやっていただく様にお願いした。
ピンチはチャンス。普段できない筋トレを頑張って!!

少しでも不安・悩みがある場合は直ぐに
お問い合わせください。

電話番号:0265-25-1008

※スマートフォンの方は、上記の番号をタッチでお電話いただけます

お電話でお問い合わせの方は「HPを見た」とお伝え下さい

いいだ整骨院のホームページでは、アキレス腱断裂の患者様が
少しでも参考になる情報を配信しております。どうぞ御覧ください。

■Youtubeで「アキレス腱断裂歩行治療レポート動画」を配信中

■「アキレス腱断裂歩行治療を受けた患者様の声」を掲載中