長野県飯田市でアキレス腱断裂保存治療、
アキレス腱断裂歩行治療を行っている、
「パンダ先生」こと、いいだ整骨院の原です。

今回は大阪からお越しの30代女性の症例です。


6月30日 バトミントンをしていて負傷
31日 病院でギプス固定
7月5日 接骨院でギプス固定除去し固定したが
その治療法に不安をおぼえて
7日に電話でご相談があり、当日来院


右アキレス腱周囲皮下出血斑、腫脹があり、断裂部の陥凹が蝕知できる。

アキレス腱断裂 治療 35

アキレス腱断裂 治療 35-2

1週間、尖足位固定(バレリーナのような足先を伸ばした固定)だったのと、
松葉杖歩行で足を着いていなかったので、
歩行開始で痛みを訴えられたり、
歩けないのではと心配したが、

歩行用固定直後の歩行開始では、数歩はへっぴり腰で歩かれたが、
スグに安定した歩行になり、
階段の昇降も簡単に行えた。

ふくらはぎの違和感が少しあると言われたが
歩いているうちに消えた。
この違和感の多くはむくみによるのもで
足を着かないで下げっぱなしにしていることで
むくみが強くなるためにおこる。
下肢の挙上を沢山、長く行う必要がある。

20160708_2040791 20160708_2040787

がに股歩きでたくさん歩くこと
下肢の挙上を可能な限り頻回、長時間行うこと、
足指(趾)の運動を可能な限り沢山行うことをお願いした。

4週間後に来院して頂き、固定除去の予定。
固定除去後の2か月後にスポーツ開始となる。
4週間後に固定除去をする予定になります。

少しでも不安・悩みがある場合は直ぐに
お問い合わせください。

電話番号:0265-25-1008

※スマートフォンの方は、上記の番号をタッチでお電話いただけます

お電話でお問い合わせの方は「HPを見た」とお伝え下さい

いいだ整骨院のホームページでは、アキレス腱断裂の患者様が
少しでも参考になる情報を配信しております。どうぞ御覧ください。

■Youtubeで「アキレス腱断裂歩行治療レポート動画」を配信中

■「アキレス腱断裂歩行治療を受けた患者様の声」を掲載中