長野県飯田市でアキレス腱断裂保存治療である
アキレス腱断裂歩行治療を行っている、いいだ整骨院の原です。

今回の患者様は岐阜県大垣から来院されました。

3月6日負傷 6日から11日まで放置してあった。
12日来院固定。

症状

左足首付近がむくみ、内出血が見える。

バドミントン アキレス腱断裂

指のところが断裂部で陥凹を蝕知する。

バドミントン アキレス腱断裂

今後の予定

1週間固定してなくて歩行していたが
固定していなかったが、固定後も歩行状態は良い。
ギプス固定をしていた後に歩行固定に切り替えると
かえって歩行が難しいことが多い。

それは尖足位(バレリーナ肢位)での固定を
歩行肢位に戻さなくてはならないからだ。

この方は今日から4週後に固定除去予定

仕事がデスクワークなので、
なるべく歩くこと(できればウォーキングを沢山行うこと)と
下肢の挙上を頻回に行うこと、
足指の運動をできくだけ沢山行うことをお願いした。

以上になります。
アキレス腱歩行治療をお考えの方で
「まだ歩行治療が不安で・・・、今までアキレス腱断裂歩行治療を
受けた方の声が聞きたい!」とご要望を多数いただきました。

そこでいいだ整骨院では、過去アキレス腱断裂歩行治療を
受けていただきました、患者様の声をHPに掲載いたしました。
一部の声になりますが、不安の方は是非御覧ください。

☑患者様の声 一覧はコチラ